高血圧情報まとめ

高血圧は日本人に多い疾患

血圧測定

生活習慣に根付いている疾患を問題視するようになったのは日本だけではありません。世界的に見ても健康に対する意識が高まってきており、高血圧や脂質異常症、糖尿病、肥満といった死の四重奏とも呼ばれる生活習慣病の代表的な疾患の予防と治療には世界中の人が取り組んでいます。
日本においてとりわけ問題として取り上げられるようになっているのが高血圧であり、成人の4割程度が罹患していると考えられています。日本人には高血圧になってしまっている人が多く、それに気づかずに生活することになってしまっている人も少なくないと推定されている結果としてこういった割合が算出されています。4割もの人が該当することになってしまっている背景には、日本の伝統食の中には塩分が多い食事が比較的多いということなどが考えられています。

高血圧に効果的な食生活

高血圧に効果的な食生活

高血圧を治療する方法の主流は降圧剤の使用ですが、降圧剤には副作用のリスクがあります。そこでおすすめしたいのが降圧剤を使わない治療法です。それは非常に簡単で「食事の内容を改善する」というものです。高血圧の原因はいくつかありますが最も大きい要素は食事と言われており、食事内容を見直すのが最も効率的といえます。
そのためのポイントは、いくつかあります。
まずは「塩分を控える」ことです。
塩分は人間の体に必要な成分ですが、摂りすぎると血管が硬くなります。そうなると血液が流れにくくなるので心臓に負担がかかり血圧が高くなります。また塩分を摂りすぎると、腎臓は塩分を排出しようとして「レニン」「アンジオテンシン」などのホルモンを生成しますが、これらには血圧を上げる作用があります。ですから塩分の摂りすぎは控えるようにしましょう。厚生労働省は1日10グラムという基準を推奨していますが高血圧の人は6グラムを目標にしたほうがよいでしょう。漬物を代表としてうどんやそば、すしといった食事では一食で一日の摂取量を越えてしまうような塩分が含まれている食事も多く、その食生活が続けられてきたことによって血圧が高くなってしまいがちになっていると考えられています。
このため日本人における高血圧治療では減塩が基本的なアプローチとして採用されることになるのが一般的です。高血圧にならないためにと減塩の調味料も開発されてきており、減塩醤油や減塩味噌を代表として塩分が控えられた調味料が人気を集めるようになってきています。一方健康に対する意識が高まってきたことを受けて塩化ナトリウムという意味での塩ではなく、海塩や岩塩などの他のミネラルも含まれている塩を使用するという人も多くなってきているのが現状であり、食生活を大きく変えずに減塩するという方法もとられるようになってきています。
そしては「血糖値を上げない内容にする」ことです。
血糖値が上がるとそれをコントロールするためにインシュリンの量が増加します。インシュリンの量が増えると血液の中に水分が溜まりやすくなり、その結果血圧が上がりやすくなるのです。
ですから血糖値を上げにくい物を食べましょう。白米や食パンは避け、玄米や雑穀パンにするとよいでしょう。
最後は「野菜や海藻類を多く摂る」。
これは最も効果的な方法といえます。メニューの作り方はレシピをまとめたサイトを見ればすぐに分かります。ただし今まで肉類ばかり食べていた人だと慣れるまでが大変ですが、薬を使いたくなければそこは乗り越えるように頑張りましょう。

高血圧や合併症の予防に高血圧治療薬を

ミカルディスの解説をする医師

高血圧症は主に中年以降に起こる疾患で、血圧が140/90mmHg以上になった状態をいいます。中年以降で発症する場合主な原因は肥満、塩分摂取過多など生活習慣です。しかしそれ以外にも腫瘍、ホルモン異常、遺伝などで起こることもあります。高血圧自体が直接的に人を死に追いやることはありません。しかし高血圧症の合併症が生命に関わる重大なものとなる可能性があるため、高血圧症と診断されたらすぐに血圧コントロールが行われます。病院では主に薬物療法がメインとなって行われます。では高血圧を放置するとどのような合併症が起こることがあるのでしょうか。
まず脳血管疾患が挙げられます。高血圧では血管内壁に強い圧力が加わるので血管内壁が傷つきやすく、そこがもろくなって出血することがあります。これが脳で起こると脳出血となります。また傷ついた血管部分にはコレステロールによってプラークが形成されやすくなり、これが進行すると血管が閉塞し脳梗塞が起こってしまいます。
また心疾患も起こることがあります。冠状動脈内壁が傷つきプラークが形成されると狭心症が起こり、運動時の息切れや狭心痛などの症状が出ることがあります。これが進行すると心筋梗塞となって、致死的なものとなる可能性もあります。
他にも腎臓にも負担がかかったり、様々な影響があります。
これらの合併症を未然に防ぐには早期からの血圧コントロールが重要です。

ミカルディス

ミカルディスは日本で最も使用される降圧剤の1つです。
ミカルディスは血圧を下げるだけでなく心臓や腎臓の負荷を軽減し、高血圧に伴い起こる合併症を予防する効果もあります。
Ca拮抗薬など他の降圧剤と併用されることも多く、ミカルディスは安全性も優れた薬と言えますが、ミカルディスにも多少なりとも頭痛やめまいなどの副作用が起きる可能性があるということを覚えておきましょう。

ノルバスク

ノルバスクは、「アムロジピン」という成分が含まれた医薬品で、カルシウム拮抗薬という分類に属しています。
その名の通りカルシウムが体の細胞内に入り込むのを抑えます。
それによる血管の拡張作用で、高血圧症状を抑えることが出来ます。
ノルバスクもミカルディス同様に日本の高血圧治療の主流薬です。

ノルバスクの購入はこちら

アダラート

アダラートもノルバスク同様、カルシウム拮抗薬です。
ノルバスクとの違いは、アダラートはノルバスクより効果が出るのが早いという点です。
しかしその分、効果継続時間も長くないので、どちらを選択するかは症状などを見て決定する場合が多いです。
また、一日一回の服用で済む成分量のものなどもあるので、アダラートを選択している人はおおいです。

アダラートの購入はこちら

メインテート

メインテートは、上記で紹介した医薬品よりも、比較的軽度の症状の高血圧治療に使用されます。
また、メインテートは呼吸器になんらかの疾患がある方の高血圧治療にも使用することができるので、そういった意味でとても重宝されています。
さらに、メインテートもアダラート同様、効果は24時間続くので、服用のしやすさ等が挙げられます。

メインテートの購入はこちら