高血圧情報まとめ

高血圧の患者と乳幼児について

最近では高血圧の患者がかなり増えてきています。高血圧はさまざまな病院を引き起こす原因となってしまうため、なんとかして高血圧を治療したいと考えている人もいるかもしれません。食塩のとりすぎは高血圧の大きな要因の一つであり、献立や調理法、食品の選び方などを工夫して減塩を心がけましょう。摂取しても良い食塩の量には個人差もあるため、どの程度にしたら良いのか気になる場合は医師に確認することがポイントです。
干物や漬物、佃煮などは食塩を多く含んでいるため、あまり食べないようにした方が良いでしょう。煮物や汁物などは天然のだしを使うのがおすすめであり、酸味や風味のある食品を利用すると味が薄くてもおいしく食べることができます。しょうゆやソースなどの調味料は使いすぎないことが大切ですし、煮物の甘さをおさえると食塩も控えることができるため、味付けには気を付けてみましょう。また肥満は血圧の上昇に影響しており、糖分や油脂を摂りすぎるとエネルギーの過剰摂取に繋がってしまうことがあります。アルコールは血管を広げる作用があり、飲酒すると血圧を低下させることができます。しかし飲みすぎると逆に血圧を上昇させることになるので注意が必要です。
また乳児に関しては、測る際に泣いたり興奮状態になったりすると正常な血圧の値が測れない状態になってしまうので。血圧を測る際は注意しましょう。また両親やおじ・おばが高血圧だった場合は乳児も共に高血圧になる可能性があります。生後まもなく高血圧と診断された場合は先天性疾患なども疑わなければいけません。